11歳娘の髪にバリカン、顔蹴り骨折る 容疑の義父逮捕

General information about the resource:

Topics covered: Child Abuse
Language: Japanese

What is it about?

11歳の娘の髪を刈り上げ、顔を蹴って骨折させたとして、兵庫県警は16日、神戸市垂水区の塗装業の男(34)を暴行と傷害の容疑で逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

垂水署によると、男は8月上旬、自宅で小学6年の長女の頭髪をバリカンで刈り上げたほか、顔を蹴って全治約1カ月の眼底骨折を負わせた疑いがある。長女は妻(33)の連れ子という。

妻との間に生まれた次女(3)と長男(1)を含めた5人暮らし。同署員が8月17日夜に家出した長女を保護した際、髪が刈られており、顔にあざがあったため、自宅を訪問して発覚した。男は「しつけのためだった」と話したという。

長女が「これまで何度もお父さんに殴られたり怒鳴られたりしたので、怖くて何も言えなかった」と話したため、その日のうちに神戸市こども家庭センター(児童相談所)に保護されたという。

Other resources that might interest you

Japan Resources

夫の連れ子、重体に…虐待の継母に懲役6年 友人の忠告、聞かずに暴行 子は生涯にわたり回復困難/地裁

草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

Read More »