日本

子供の誘拐のブラックホール

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email
Share on print
Print

目次

前書き

子どもの最善の利益に関する日本の定義:合意された定義はなく、国は家族の問題に干渉しないことを支持しています。 これは、誘拐された親の手に子どもの幸福を残します。

バックグラウンド

日本の警察は行方不明者に関するデータを公開していますが、行方不明の子どもに関するデータは公開していません。 国もまた、国内的であれ国際的であれ、親による誘拐に関する公式の統計を公表していません。 ただし、非営利団体は

毎年、さらに15万〜20万人の日本人の子どもたちが、親による誘拐と疎外のためにもう一人の親へ連絡することを拒否されていると推定されています。 同じ非営利団体は、1991年以降、少なくとも300万人の子どもたちが親と疎遠になったと推定しています。 この数には、現在20歳を超え、子どもとは見なされなくなった犠牲者の人々は含まれていません。 日本人は家族の問題を非常にプライベートなものであると考え、通常そのような情報を共有しないため、実際の数はさらに多い場合があります。 これらの子どもたちは従来の観念では行方不明者とは呼ばないかもしれません、しかし、彼らは片親と疎遠になっており、時には両方の家族とも疎遠になっているのです。

両親が二人とも同じ都市に住んでいることもありますが、子どもの権利を保護していない法制度により、日本の子どもたちは離婚後に両親に会えなくなることがよくあります。 日本のエリートの間の離婚でさえ、システムがいかに壊れているかを示しています。 小泉純一郎前首相が妻と離婚したとき、元妻が胎児の親権を保持し、彼は二人の息子の親権を完全に取得しました。 彼らの子供たちは、親権を持たないもう一人の親に会ったり、自分の兄弟に会ったりすることさえできませんでした。

行動を求めます

日本における子どもの最善の利益を保護するための法律を制定する必要があります。 現在、家族法に関しては、国は無法で無秩序な状態にあります。 日本は子どもの最善の利益に関して明確に定義されたガイドラインを採用し、従わなければなりません。 これらのガイドラインには、子どもと親の感情的、精神的、および身体的状態に対する適切な専門家の評価が含まれている必要があります。

手続きは迅速でなければならず、子どもたちは終始、両方の親への連絡手段を持つべきです。 家庭内暴力の主張は、検討される前に適切に調査されなければなりません。 親権と養育費の取り決めは強制されるべきで、従わない親は罰せられるべきです。 日本の子どもたちの幸福を確保するために、これらはすべて法的に変更されなければなりません。

親は社会のあらゆるレベルからの支援を必要とし、日本人は子どもたちの権利のために立ち上がる必要があり、ひとり親の標準を受け入れることを拒否する必要があります。

ひとり親家庭の子どもたちの56%が貧困に苦しんでいるという事実に日本が対処したいのであれば、その時代遅れの単独親権法を改革するべきです。 共同親権とは、父親が経済的にも含め、子どもの育成に大きな役割を果たすことを意味します。 最も重要なことは、共同親権により子どもたちが両親に世話をしてもらい、両親からの愛を受けながら成長できることを意味する点です。

子どもを親から引き離すための金銭的誘因は排除されなければなりません。 政府関係者、家庭内暴力センター、家庭裁判所、および弁護士は、離婚および単独親権から利益を得るべきではありません。

みなさんの力が必要です。 私たちはみなさんに日本の本当の事実を知ってもらい、そしてそれを世界中にネットワークで共有してもらいたいのです。 日本の家庭裁判所は非常に古く、時代遅れです。 この問題を真剣に検討するように、彼らに働きかけてください。 多くの親は年に一度も子どもに会えることはありません。 このトピックを共有して、深刻な問題として提起してください。 この問題は、日本人と他国の人との結婚でも時々起こります。 フランスのマクロン大統領は最近、日本の首相にこの問題を提起しました。 しかし、日本のメディアでは放送されていません。

家族法

国内

日本で結婚せずに子どもが生まれた場合、自動的に母親にのみ親権が与えられます。 そして、離婚の際には、両親は親権への好ましい解決策を見つけることを任されています。 それが不可能な場合、裁判所は子どもが同居している親に完全な親権と監護権を与えます。 両親が別居することを決めたとき、多くの場合子どもは母親と共に家にいるので、親権は通常母親に与えられます。

両親が自分で同意しない限り、日本には共同親権のようなものはありません。 したがって、ほぼすべての離婚において、一方の親が完全な監護権を取得し、もう一方の親は親権を持つ親から同意が得られた場合のみ子どもに会うことができます。

もう一方の親(多くの場合、父親)には、子どもに連絡したり訪問したりする法的権利がありません。 もう一人の親が二度と自分の子供に会えないことは珍しくありません。 実際、親が子どもを訪ねようとして逮捕されるケースがあります。

日本の家庭裁判所は、間違いですが、現在の環境や家に留まることが子どもにとって最善であると考えています。 家庭裁判所は、子どもが両方の親に会えることの重要性をまったく考慮していません。 父親は離婚後に家を出ることが多く、母親は家にそのまま残っているため、ほとんどの場合母親に完全な監護権が与えられます。

親権を持たない親が子どもと連絡を取り続けたい場合、家庭裁判所に要請することができます。 裁判所は次に調査を行い、決定を下します。 親権を持つ親が裁判所の決定に従わない場合、裁判所は、決定に従うまで、親に金銭的補償を支払うよう要求することができます。 このような場合に解決策が見つかる頻度は不明です。 そして、多くの裁判所は、親権を持たない親には子どもに対するいかなる権利も許可していません。

政府関係者、家庭内暴力センター、家庭裁判所、および弁護士が離婚と単独親権からの利益を得ている場合、彼らがこの変化に抵抗することは驚くべきことではありません。 妻が弁護士から、離婚訴訟で優位に立つために家庭内暴力を主張するように言われることは珍しいことではありません。 本当に困っている女性を支援することになっている家庭内暴力センターは、彼らが助けた人数分、政府によって支払われます。 これらのセンターは、多くの女性の流入に既得権を持っているので、彼らは通常家庭内暴力の主張を調査しません。 日本では、男性に対する家庭内暴力に関してこのような制度はありません。

弁護士はまた、結婚費用、離婚に関連する財産分与、および養育費として支払われたお金の一定の割合を追加の報酬として受け取ります。

これが、シングルマザー世帯の数が1992年から2016年にかけて712,000世帯に倍増した大きな理由です。 日本はOECD諸国の中で、ひとり親家庭で貧困の中で暮らす子供たちの割合が56%と最も高く、米国では32%です。 貧困ラインの下で暮らす350万人の子どもたちのうち、養育費を受け取っているのはわずか20万人です。

国のシングルマザーの大多数が貧困の中で生活しているので、子供はその倍になります。 彼らは身体的および感情的に父親の存在を失い、そして平均して貧しく、教育も十分に受けられていないため、将来の機会が少なくなります。 人口減少において、日本は将来の労働力の大部分を貧困と限られた機会により失うわけにはいきません。

親権のある親は、親権の決定を完全にコントロールすることができ、共同養育にも同意することができますが、決してそうする必要はありません。 これにより、親権のある親がもう一方の親を子供の人生から完全に消し去ることが非常に簡単になります。 そして、裁判所は一切何もしません。 これが毎年15万人の日本の子供たちが親と疎遠になる理由です。 そしてこうした子どもたちは、彼らの家族の半分、彼らのアイデンティティの半分、そして彼らの幸福と未来の多くを失うこととなります。 親が面会のために戦うことができれば、ごく稀に、月に1時間、もしくは年に1時間の面会を与えられます。

さらに憂慮すべきは、子どもが住んでいる親が再婚した場合、新しい配偶者は、子供の実の親に通知したり、承認を得たりすることなく、その子供を養子縁組にできることです。

インターナショナル

外国人の配偶者は、子どもの親権に関して差別されています。 外国人は「戸籍」制度に家族の長(筆頭者)として登録することはできず、離婚すると、外国人の配偶者は戸籍を自分で登録することはできません。

子どもを「最初に」奪った親は罰せられません。 彼らは、お互いを見ることができない親と子が会う機会を提供する「面会交流」に対して非常に否定的です。 彼らは面会交流の頻度を低く決定します。 子どもを奪った親が面会の約束を守らなくても罰せられることはありません。 日本では子どものための単独親権が採用されています。 さらに、親権は通常、継続の原則に従って、離婚の直前に子どもと一緒に住んでいた親に与えられます。

親は子どもを「最初に」誘拐することを推奨されており、再び償いをする可能性がある場合にも、親間の対立は助長されます。 子どもたちはなんの問題のない親から切り離されています。 子どもたちはただ一人の親と交流しています。 近年増加している虐待行為が発生しやすいです。

親による誘拐

国内

日本では、親による誘拐は国内的でも国際的な事例でも犯罪化されていません。 一般的に、日本政府はこれを私的な「家族の問題」と見なしており、干渉することはありません。 離婚手続きの際に子供どもが同居している親に親権が与えられていることを考えると、日本人が離婚手続きの前に子どもを誘拐することは珍しいことではありません。

インターナショナル

日本の法律では、親による誘拐は違法であり、ハーグ条約の署名者として、親によって国際的に誘拐された子供どもたちの迅速な返還を約束しています。 しかし、日本はこの条約を遵守しなかったことで非常に批判されてきました。 日本は、激しい外国からの圧力を受けて2014年に条約に署名しただけであり、その実施は懐疑的なままです。 虐待の申し立てが行われた場合などの例外を含めた条約の施行法の抜け穴がよく使用されます。 これらの主張が適切に調査されることはめったにないという問題が残っています。 残念ながら、この条約は遡及的に使用することはできないため、2014年4月1日より前に日本に誘拐された子どもの親は、ハーグ条約を使用して子どもを返還することを申請できません。

現在まで、子どもが親に返還されたことはありません。 一方で、国は、母国での子どもの拘留状態に関係なく、日本から子どもに再面会または再誘拐しようとする外国人の親を起訴することに固執しています。

近年、多くの外国政府が、ハーグ条約に基づく公約を遵守するよう日本に圧力をかけています。 2020年7月、日本で誘拐された子供を持つヨーロッパの親からの多くの運動の後、ヨーロッパ議会は、日本で誘拐された子供たちの幸福に関する懸念を表明し、子供を保護し、最終的には国際的なコミットメントを実施し、共同監護を可能にするために家族法制度を改革するよう日本に求める決議を可決しました。

2020年11月、米国政府は日本と協議を行い、日米の子どもたちが関与する多くの拉致事件を解決するという国の公約を再確認しました。 問題は、これらのロビー活動が日本にほとんどまたはまったく影響を与えておらず、国籍に関係なく、日本で誘拐されたすべての子どもたちが依然として苦しんでいることです。

片親引き離し

日本では、片親疎外は犯罪ではなく、現在の日本の家族法制度は片親の疎外を可能にします。 離婚した両親が親権の取り決めについて相互に合意できない場合、彼らは単独親権のみ与える家庭裁判所に呼ばれます。 単独親権は通常、その時点で子どもが住んでいる親、ほとんどの場合母親に行きます。 それは多くの場合、他の日本人と結婚しているか外国人と結婚しているかにかかわらず、子どもが同居している日本人の母親が、父親が子どもに会えるかどうかを制御することを意味します。 実際、国立社会保障・人口問題研究所の2004年のデータによると、1970年の50%の確率から、子どもが関与する離婚の80%の確率で母親に親権が与えられています。

その時点で、親権を持たない親には、子どもと連絡を取り合ったり、子どもを訪問したりする法的権利がなく、子どもたちの生活について決定を下すことさえできません。 上記を許可するか許可しないかは、親権保持者の決定次第です。 そして親権を持つ親が、もう一方の親権を持たない親が子供の生活の一部になることを望まない場合、もう一方の親ができることはほとんどありません。

日本では毎年24万人が離婚しており、年間約17万人の子供が1人の親を失っていると推定されています。

さらに悪いことに、日本社会は片親の疎外や実子誘拐について公然と話したり、公然と、あるいは間接的にそれを規範として支持したりしていません。家族の問題は非常に個人的であり、片親の疎外とその子どもへの影響は、ほとんどの人にとって公然と議論されているものではありません。 母親が子供を単独で監護し、父親が子供なしで人生を続けることは「普通」であるという信念もあります。 これは社会のあらゆるレベルで見られます。

防止

  1. あなたの名前が日本の公式文書に記載されていることを確認してください。 あなたの結婚はあなたの日本の配偶者の戸籍に登録されるべきです。 また、その戸籍に子どもの親として登録されている必要があります。 これらは日本国外からでも要請できます。
  1. 重要な書類のコピーを準備してください。これらには、日本の配偶者の戸籍と現在の住民票が含まれます。 外国人の配偶者は実際の住民票に記載されることはありませんが、あなたが尋ねることで、あなたを備考欄に記載するかもしれません。 同棲していることを証明できるように、必ずこれを要請してください。 一部の政府機関はまだこれを行なっていませんが、多くはそうします。
    • お子様のビデオや写真、お子様用のパスポート原本のコピーを保管し、家族全員のパスポートと出生証明書のコピーも作成してください。 日本人の配偶者のパスポートのコピーも必ず入手するか、少なくとも番号を書き留めてください。原本とコピーを保管する必要があるその他の書類には、次のものがあります。
      • パスポートとビザ
      • 日本の外国人登録カード
      • 運転免許証
      • 薬と眼鏡の処方箋
      • 車両登録
      • 医療保険証
      • 個人名簿
      • クレジットカードと連絡先番号のリスト
      • ディード、リースおよび権利
      • 出生、結婚、離婚、養子縁組の証明書
      • 納税申告記録
      • 予防接種と医療記録
      • ペットの登録と獣医の記録
      • eメールアドレス帳を含むコンピュータファイルのバックアップ
  1. 日本で法的支援を求めます。 あなたが不受理申出を使用して去る前に、日本で弁護士を見つけて、「相互同意離婚」を阻止するための書類を提出をしてください。 これらは6か月ごとに更新する必要があります。
  1. 法的文書を有効に保ってください。 永住権または配偶者ビザが引き続き有効であることを確認してください。 居住ビザをまだ持っていない場合は、配偶者が保証人である間に取得してみてください。 そうしないと、入手が難しくなります。
  1. 家族に関する情報を収集して保存します。 日本の配偶者の両親、兄弟、姉妹、およびあなたが知っている他の親戚や友人の名前、住所、eメール、電話番号を入手してください。 可能であれば彼らの仕事の情報も入手してください。 ナンバープレートの番号、メーカー、車種や配偶者の両親または子どもを隠すのを手伝う可能性のある人の車の情報なども入手してください。 これらはすべて、子どもが隠れている可能性がある場所、または配偶者とあなたの子どもが将来行方不明になった場合に情報を求めることができる人々です。 将来的にホリデーカードを送りたい、あるいは日本から離れている間も連絡を取り合うことができるように、などが情報を集める良い理由になるかもしれません。
  1. 日本にお住まいの場合は、発着された電話番号が請求書にすべて記載されていることを確認してください。 これには、電話会社への特別な要請が必要な場合があります。 これは、誘拐が行われる前に誰が助けを求められたかを確認することができます。 可能であれば、携帯電話でも同じように行なってください。
  1. 日本の配偶者が自殺未遂の事件などの精神的な問題を抱えている場合は、彼らが受診した可能性のある精神科医、または彼らを治療した医師、またはヘルプラインへの電話の日時に関する情報を収集します。
  2. 離婚が予想される場合は、配偶者に関する財務情報を収集することをお勧めします。 日本では、「過失」の人は、離婚するために多額のお金を払わざるを得ないことがよくあります。
  1. あなたの子供についての重要な情報を保管してください。 これには、髪の色、目の色、身長、体重、生年月日など、お子様の完全記述が含まれます。 さらに、記述には、眼鏡やコンタクトレンズ、歯の矯正装置、ピアス、その他の身体的特徴などを含める必要があります。 あなたの子どもの歯科および医療記録を保管してください。 地元の警察署に連絡して、子どもの指紋を採取してもらってください。 半年ごとに子供のカラー写真を撮ってください。 理想的な写真は、ポーズをとった写真よりも、子どもがどのように見えるかをよりよく表しているものです。 一部の米国の州では、子どものDNAサンプルを唾液のついた綿棒または一滴の血液で採取するプログラムも開発しています。 これがあなたの州で提供されている場合は、子供から採取したDNAサンプルを保持していることを確認してください。
  1. あなたの子どもとの連絡手段は開いたままにしてください。 あなたが彼らを愛していることをあなたの子どもたちに繰り返し伝えてください。 他の誰かが何を言おうと、あなたはいつも子どもたちに会いたいと伝えてください。 あなたの子供にあなたの電話番号と市外局番と電話をかける方法を教えてください。 家族や親しい友人に連絡する方法を彼らに教えてください。 あなたの子どもにあなたのメールアドレスを教えて、彼らにeメールについて教えてください。 あなたの家に信頼とサポートの雰囲気を確立してください。そうすれば、子どもたちはあなたと、恐れや混乱を感じさせたかもしれない状況について安心して話し合うことができます。
  1. 配偶者を含む他の人があなたのハンコを使い、署名を偽造できないように安全な場所に、ハンコ(または個人の印鑑)を保管してください。

行方不明の子供

すぐに大使館に連絡する必要があります。 弁護士リストなどの情報を共有したり、外務省と連絡を取り合ったりすることができます。 米国などの一部の大使館は、子どもと一緒に訪問を試みて、子どもが健康で幸福であることを確認することができます。

日本では、親による子供の誘拐は必ずしも犯罪とは見なされません。 あなたの訴訟の法的立場を理解するには、日本の弁護士の助けを借りるのが最善です。

低所得の外国人に無料の法的支援を提供しています。 日本弁護士連合会は、さまざまな弁護士会による外国人のための法律カウンセリングへの関連情報を提供しています。 これは一般的に有料ですが、低所得の個人には無料のカウンセリングが提供されます。

日本で誘拐された子供の親は、母国の中央当局を通じて子供の返還の申請を提出することができますが、日本は一度も条約を通じて子供を返還したことはありません。

日本から他国に誘拐された子供については、ハーグ中央当局を通じて子供を返還するよう要請することができます。

日本では、中央当局は外務省です。 ハーグコンベンション課外務省霞が関2-2-1東京都千代田区100-8919日本Tel:+81(0)3 5501 8466 URL:

Eメール:hagueconventionjapan@mofa.go.jp

ソース

None.

このページをより良くするために私たちを助けてください!

データや重要な情報を見逃しましたか? このページをより便利にする方法について何か提案はありますか? 方法を教えてください!