子ども達が日本を訴えるー引き裂かれた家族の悲しみ

What is it about?

私達は、虐待やネグレクトなどの疑いをかけられ、我が子を児童相談所に一時保護され、帰してもらえなくなったり子どもに会うことさえできなくなった全国の親子が集結した原告団です。 We are a group of plaintiffs from all over the country who have been suspected of abusing or neglecting children, have had our children temporarily placed in a child consultation center, and are unable to return or even meet our children.

これだけだと、「本当は虐待やネグレクトがあったのでは?」という先入観を持たれる方もいらっしゃいますがそれであれば裁判までやりません。 With this alone, some people might have a preconceived notion that ” Weren’t there really abuse or neglect? ”. But if that is the case, there is no need to bring it to trial. 先日、

兵庫県明石市の事例のような家族が全国には多数存在します。引用https://youtu.be/QbeF3wYXSnU There are many families like a case occured in Akashi city, Hyogo prefecture, shown in https://youtu.be/QbeF3wYXSnU .

被害者の殆どがシングルマザーや障害などがあったりで、一人で戦う事が困難とされており、皆んなで力を合わせて国に立ち向かう事を決め、今回の訴訟に至りました。 Most of the victims are either single mothers or have disabilities, and these make it difficult for them to fight alone, so we all decided to work together to confront the country, leading to this proceeding.

このプロジェクトで実現したいこと What we want to achieve through this project

不当に子どもと会えなくなった親は、いくら児相と交渉しても、子どもを帰してもらえず、面会すらできていない方が大勢おります。 Many parents can’t get their children back even if they negotiate with the child consultation center again and again. Or even more, many parents can’t visit the center to see their children.

これはわざと児相がやっているのではなく、一時保護した後のマニュアルにあるプロセスを遂行しているにしか過ぎません。 The child consultation center doesn’t do this just on purpose, but it only follows procedures shown in its manual of ‘After temporary protective custody’.

厚労省から運営指針やガイドラインが公示される事で、その指針に則り各児童相談所は運営しています。 Each child consultation center operates the procedures according to guidelines shown by the Ministry of Health, Labour and Welfare.

これはあくまで虐待ありきのものであり、虐待がなかった場合のマニュアルやプロセスが抜けています。 This is just a matter of abuse and does not include any processes nor manuals without abuse cases.

この指針に、「虐待の疑いで保護し、虐待やネグレクトが無かった場合、速やかに解除する」という条文が入れば、誤認保護の被害がかなり減少すると思われます。 If this guideline includes an article such as “protects on suspicion of abuse and promptly cancels if there is no abuse nor neglect”, the damage of misidentification protection will drastically decrease.

この条文を指針や法律に盛り込む為には、今現在全国で不当な理由で親子が引き離されている事を知っていただく必要があります。 In order to make the text included in the guidelines or laws, we have to let people know about the facts that currently many parents and children are separated without any fair reasons all over in Japan.

この保護により、10年に渡り引き離されている親子もいます。 子どもにとっての10年はあまりにも長過ぎます。 Due to this protection, some parents and children have been separated for 10 years. Ten years for a child is too long.

1番の被害者は子どもであり、どれだけ保護所や施設の中で叫んでも、外部に届く事はありません。そんな子ども達を助け、安心して生活していける法律や制度を作るキッカケにしていきます。 The biggest victims are the children. Even if they try to claim something in the center or facility, it never reaches outside. We want to make an opportunity to help the children out and start to make laws and systems for their comfortable lives.

プロジェクトを立ち上げた背景 The background of launching this project

2年程前から児相の一時保護強化が推進され、その副作用で起きた不当な一時保護で、唯一無二の我が子を引き離された家族が多数存在します。 Nearly two years from today, the strengthening of temporary protection for the child consultation center has been promoted, and there are many families who have been separated from their own children due to the unjustified temporary protection caused by the side effects.

日本には児童福祉法という子どもの為の法律が存在しますが、この法律が児相に権限を持たせ、子どもや家族は児相の言いなりになるしかないような実態になっています。 In Japan, we have a law called ‘Child Welfare Act’. However, this law authorizes the child consultation center and forces children and parents to obey it.

全国に大勢の被害当事者がいる事を政府に認知していただく必要があります。 It is necessary for the Japanese government to recognize that there are many victims nationwide.

Other resources that might interest you

Japan Resources

実録公開! 有名離婚弁護士”子の連れ去り指示”の現場

2021年10月10日 本会は、離婚を考えているある女性が、有名な悪徳離婚弁護士に相談に訪れた際のやり取りを、本サイト読者の方からの情報提供により入手しました。その内容を、以下の通り公開します。 Contents 1. 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 2. 「子供を連れて黙って家を出るんだよ」 3. 「会えないのにお金出す馬鹿いる?」 4. 「どうして離婚したいのかをまだ聞いてない」 5. 「急いで別居、離婚までは長く」 6. 「賢い奥さんは別居するだけであとはほっとく」 7. 「子供をダシにして生きなきゃダメ」 8. 「調停の前は面会交流をブロックできない」 9. 「養育費の10%を5年分いただきます」 10. 「わざと階段から転げてみるとか」 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 (20XX年X月X日、有名悪徳離婚弁護士の事務所にて) 弁護士:(相談者が書いた質問表を見ながら)離婚した後は、どういうふうにしていこうと?(※太字は弁護士の発言。以下同) 相談者:ちょっと、まだ……。(※細字は相談者の発言。以下同じ) 今住んでるところは賃貸? 賃貸です。 結婚期間が短いから、分けるものが何もないっていう離婚だよ。 そう思ってます。 離婚するときには、子供とお金に関することを決めるんだけど、子供の養育費はもらえます。これは裁判所で、お互いの年収でほぼ機械的に算出されるから。あなたの場合、慰謝料はないし、年金分割も微々たるもの。 もし離婚するってなったら、親権は私が取りたいんですけど。 彼、あんまり子育てしてないんじゃない? 仕事から帰ってくるのが遅くて。帰ると子供に構ってはくれるんですけど。

Read More »

Anatomy of a kidnapping

The Anatomy of a Kidnapping – from ABC Australian Radio Posted on January 1, 2013 by Brian Prager      Rate This The Anatomy of a Kidnapping is a radio documentary by ABC

Read More »